読者に喜ばれるステップメールでのメール配信方法

メール配信を利用して読者に購読してもらう場合、価値ある情報を提供しなければなりません。普通、商品やサービスの宣伝に活用するものですが、それを感じさせないような伝え方が理想的です。最終的に宣伝することにはなりますが、『待っていました!』と思ってもらえるようなステップメールを配信すれば、読者は喜んで購入してくれます。宣伝ばかりし、押し売り状態になると、読者が離れてしまうので注意しなければなりません。このことから、まずは読者に喜んでもらえるような情報を考え、それを定期的に配信することが第一です。その過程で宣伝を挿入し、気持ちが高ぶっているタイミングで商品やサービスを購入してもらいましょう。また、送信すれば読んでもらえると決めつけず、『どうすれば確実に読まれるか?』を考えて利用することが大切です。

情報量を制限し、伝えたいことは最後に持ってくる

大切であり、伝えたいことほど最初にメール送信しようと考えるのが普通ですが、それでは読者がただ知って満足する、という結果になります。メール配信を利用するからには、特定の商品やサービスを購入してもらい、売上げアップに繋げなければなりません。だから、大切なことや伝えたいことはステップメールの最後に組み込んでおき、その詳細を少しずつ明かすように配信すると良いでしょう。1通1通読み応えがあり、新しいことを1つ学べる状態であることが理想的です。『なるほど』や『知らなかった』という気持ちを芽生えさせることができれば、送信するメールを毎回チェックしてくれるようになり、読む度に喜んでくれるでしょう。さらに、商品やサービス情報を少し入れておけば、次が気になる状態となり、メールを楽しみに待ってくれます。

飽きさせない、冷めさせない工夫が必須

どんなに価値のあるメールだったとしても、読者に飽きられてしまえば意味はありません。同じことを、言葉を換えて伝えても良いですが、一部の読者に飽きられる恐れがあり、『ネタ切れか』と読んでくれなくなるかもしれません。だから、常に新しい情報を意識し、価値を与えるようにしましょう。もし、本当にネタ切れとなってしまったら、その時点で商品やサービスの詳細を明かし、一気に売り込むと良いです。飽きさせていない状態であれば、効果的な宣伝となります。また、誤字脱字や一貫性のない内容だと、読者の気持ちが冷めてしまう恐れがあるので注意しましょう。ステップメールの数だけミスの確率が高くなるので、メール配信する前に必ず見直しすることが必須です。ケアレスミス1つで読者が離れることもあるので、常に読者第1で考えるようにしましょう。