支持の多いステップメールでのメール配信例

ステップメールの配信は配信サービスを受けているユーザーの人物像を分析した上で配信スケジュールを設定する必要があります。同時に配信内容に関してサービスを受けるユーザーが専門ジャンルの意外な情報等を定期的に配信していく事が重要で、その配信ペースとコンテンツ内容も考えた上で配信する必要がでてきます。ユーザーからの支持を獲得するための工夫としてはユーザーの生活環境に静かに溶け込む事と、コンテンツ内容にインパクトを作るという点です。特に現代では手軽にメールの拒否設定ができるため、あまりにもしつこいとメールを読む以前に受け取り拒否されてしまう可能性も強く、コンテンツ内容に面白みがないとすぐに閲覧しなくなってしまいます。そこで仮想ユーザーの設定を含め、こちらからアクティブにメールを読ませるのではなく生活の片手間に読んでもらえるように配信ペースを考えるようにしてください。

お勧めのステップメールの配信設定

ステップメールはメール配信をあらかじめ設定しておくことで、計画的に情報を配信する事ができますがユーザーの生活リズムをある程度把握してから配信設定する事をお勧めします。例えばコスメ等のメイクアップアイテムの情報を配信する場合、仕事の以外で考えるならば休日にメイクアップ道具を使う人が増える傾向があります。そして仕事をしている人は休日何時まで寝ているのかという仮想客を想定した上で、土曜日か日曜日の何時に配信するのかという詳しい配信スケジュールを設定します。するとメール配信を受け取る時間と出かける準備をする時間がちょうどリンクし、欲しい情報が欲しい時に来るという評価が下る事になります。この様にユーザーの生活という観点から配信スケジュールを設定すると、無理なくメールを閲覧してもらえるのでお勧めです。

コンテンツの配信ペースと内容について

ステップメールの重要な点は継続してメール内容を閲覧してもらえるという点で、例えば一回の配信で一つのコンテンツ内容を完結させてしまうとその段階でユーザーからコンテンツ内容の評価が下る事になり、次回閲覧してもらえるかどうかはわからなくなってしまいます。そこでメール配信をするときにできるだけコンテンツ内容の山場に区切りを入れて、次回も見たいと思える状況にする事が重要になってきます。例えば誰が何をどうしたという話の仮設定を作るのであれば、何を配信したのかがユーザーにとってわかりませんが誰が何をまでの話題を提供する事でその人物や物がどうなったのか相手に気にしてもらえるようになります。この様にコンテンツ内容にある程度の山場を適度に作り、それを配信ペースで区切る事でメール内容について現実の世界で話題にしてもらえる可能性もあるためリピートユーザーという最大の支持を獲得する事に繋がります。