ステップメールでのメール配信に掛かる費用

ステップメールは、商品の購入といったある時点を起点とし、あらかじめ用意しておいた定型文のメールを決めておいたスケジュールに沿って順次配信するというものです。つまり、ステップ(段階)を踏み自動でメール配信を行うものです。基本的に営業活動においては商品を購入したあとのアフターケアが重要です。購入してそれで終わりでは再び商品の購入に繋げることは難しいですが、販売者側が積極的にメールの配信などを行うことで、継続的な商品購入に繋げるというものです。メリットはそれらを自動で行うということで、次回以降の購入に繋げることができるのが大きなポイントです。また全員に一斉に送信するメルマガとは異なって、購入者の特性に合わせたものを送ることによってより効果的に継続的な顧客として獲得することも期待できます。

ステップメールを行うさいの注意点

ステップメールでは自動的にメール配信を行うという性質上、注意しなければならないポイントがいくつかあります。例えば季節性のある文章を入れないことです。季節性の文章があることによって、季節と文章が合わなくなる場合があり、そうなると明らかに自動的に送信されているという印象を与えてしまいます。また特定の年数を入れるのも注意することが重要で、年数が入ると不自然さが出て来るリスクがありますし、流行りの言葉などを入れることも時間が過ぎると古くなってしまい不自然さが出てきます。このため自動でメールを送るという性質上、このため普遍的な文章とすることがポイントで季節感や年数、流行りの言葉といったものをメール内に入れないことにより、不自然さを回避することができます。

より効果的な効果を得るためのポイント

ステップメールを導入するさいには目的の明確化が効果を得るためにはもっとも重要です。ただ単に自動でメール配信をするだけであればメールマガジンと変わりません。このためメールを使ってどのようにしたいのかを決めることが重要です。またメールというものは、相手に届いても読まれるかはわかりません。このため出来る限り、相手が読み飽きないように工夫をすることが重要です。特に宣伝をし過ぎるとかえって逆効果になるので、その点には注意する必要があります。一方で次回の商品購入を求めるだけでなく、アフターフォローをしっかりとしているという印象を与えることで信頼性を勝ち取るというのも効果的です。このため短期的な効果を期待するのではなく長期的な視野に立って行うことで売上につなげることができます。